アガリクスの効果・効能のすべて » 癌×アガリクスを知るための3つのキーワード

癌×アガリクスを知るための3つのキーワード

癌への効果で知られているアガリクスですが、具体的にはどのような効果があるのでしょうか?癌とアガリクスの関係を詳しく解説していきます。

アガリクスの癌への効果とは

まず、アガリクスには免疫細胞を活性化させる働きがあります。そもそも、癌という病気は、体の免疫力が低下することによって起こるといわれています。アガリクスは、人間の体内にある免疫細胞を活性化させて、免疫力を高める作用があるため、癌に対しても効果があるといわれているのです。

アガリクスにはβ‐グルカンという成分が含まれているのですが、この成分が免疫細胞を活性化させるといわれています。β‐グルカンの免疫力向上作用によって、癌を抑制する効果が見込めます。

また、アガリクスに含まれている「ビタミンD」は、毎日一定の量を摂取することで、大腸がんなど特定のがんの発症リスクを最大50%まで下げられるという報告もあるようです。(ただしビタミンDが豊富に含まれているのは、日光をたっぷり浴びて育った自然露地栽培のアガリクスのみ)

さらに、アガリクスは、抗がん剤の副作用を抑える効果もあります。抗がん剤を使用することで、免疫力も低下するので、抗がん剤とアガリクスを併用する人もたくさんいます。また、抗がん剤と組み合わせることで、抗がん剤の効果を高める作用もあるようです。こうしたアガリクスの効果を実証する実験結果もあります。

 
pagetop
アガリクスの効果・効能~癌と代替医療~