免疫の種類と働き

ウイルスや細菌などの外敵を攻撃して排除する免疫細胞。それぞれの種類と働きについて解説しています。

免疫細胞の種類

人間の体には、ウイルスや細菌の侵入を防いだり、入ってしまったウイルス・細菌を排除したりする機能があります。これが免疫力と呼ばれるもので、免疫力のもとになっているのが免疫細胞です。免疫細胞には、いくつかの種類があり、それぞれ役割を持っています。

■樹状細胞

体に侵入してきたウイルス・細菌などの異物を自分の中に取り込み、その外敵の特徴をT細胞やB細胞などのほかの免疫細胞に伝え、それらの免疫細胞を活性化させる働きを持ちます。鼻腔や腸、腸管、皮膚などに存在している細胞です。

■マクロファージ

体内をパトロールし、体の中に入ってきたウイルス・細菌などの異物を取り込んで消化します(貪食処理)。異物の特徴を細胞の表面に出して、ほかの免疫細胞に異物の存在を伝える働きをもつものもあります。ほかの免疫細胞と協力して、免疫細胞を活性化させるサイトカインをつくり出します。

■NK細胞(ナチュラルキラー細胞)

体の中をパトロールしている細胞。ウイルスに侵された細胞を発見すると、ほかの細胞からの指示がなくても単独で攻撃できます。

■T細胞

ウイルス・細菌に侵された細胞を発見して排除します。さらにT細胞には3種類あり、サイトカインなどの免疫活性化物質を作り出すヘルパーT細胞、ウイルスに侵された細胞を見つけて攻撃するキラーT細胞、キラーT細胞の働きを抑制する制御性T細胞(レギュラトリーT細胞)があります。

■B細胞

抗体を生み出す免疫細胞で、骨髄にあり、血液のもとになる造血幹細胞から作られています。樹状細胞の指示によってウイルス・細胞だけを攻撃する抗体をつくって、外敵を排除します。細胞ごとに作る抗体の種類が決まっているため、B細胞がつくり出せる抗体に対応した場合にだけ作用します。B細胞が働きすぎるとアレルギーの原因になることもあります。

 
pagetop
アガリクスの効果・効能~癌と代替医療~