シイタケ菌糸体の癌への効果

シイタケ菌糸体とは?

しいたけ画像

私たちが普段食べているシイタケは、茶色いカサの「身の部分」ではないでしょうか?シイタケ菌糸体は、カサ下の白い根っこのことで、ほとんどの人が食べることなく捨ててしまう部分です。シイタケ菌糸体には、レンチナンやβ-グルカン、α-グルカン、キシラン類、シリンガ酸、バニリン酸、食物繊維などの豊富な栄養素が含まれています

シイタケ菌糸体の効果・効能

シイタケ菌糸体から得られる効果は、大きく2つあります。「免疫力・体力の向上」「腸内環境の整備」です。
免疫には、β-グルカンの一種である「レンチナン」が多く含まれていることが特徴です。この成分は、医療業界からも注目され、研究がすすめられています。免疫力が上がると、体力の向上にもつながり、日々の生活でも疲れにくい体を手に入れることができるのです。

さらに、シイタケ菌糸体にはたくさんの「食物繊維」が含まれており、便秘解消など腸をきれいにする効果もあります。

シイタケ菌糸体は癌に効く?

「免疫抑制細胞が増えるのを抑え、免疫を高めて癌を治そう」という新しい治療方法が出てきています。そこで注目されているのが、シイタケ菌糸体です。

免疫抑制細胞は通常、アレルギーや自己免疫疾患などの反応を抑える細胞として活動。一方、免疫はウイルスが体内に侵入した時、外部に追い出そうとする役割があります。
免疫抑制細胞と免疫は普段、互いが活動しすぎないように協力していますが、癌になると両者のバランスが崩れ、免疫抑制細胞が大量に増殖。免疫はウイルスを追い出す力がなくなってしまいます。そんな免疫抑制細胞の働きを抑え、免疫力を高められるよう、シイタケ菌糸体を使った臨床研究が行われました。その結果、食道癌、肺癌、乳癌、胃癌、子宮癌など約13種類の症状で、免疫力の値が高まったと言われています。

シイタケ菌糸体に副作用はある?

食品なので、シイタケ菌糸体には副作用がありません。しかし、アレルギー持ちの人は避けた方がいいでしょう。

また、食物繊維がたくさん含まれているので、胃腸が弱い人は注意が必要です。もし摂取するのであれば、少ない量から試してみるのをおすすめします。

シイタケ菌糸体とアガリクス

アガリクスもシイタケ菌糸体も、免疫力を向上させる作用があるため、使用者も多く、エビデンスの豊富なアガリクスに対し、シイタケ菌糸体はデータが少ないというのが現状です。

 
pagetop
アガリクスの効果・効能~癌と代替医療~