70代男性Iさん(すい臓がん)

膵臓がんの補完代替医療としてアガリクスを取り入れて、がんを克服した男性の体験談を紹介します。

アガリクスで膵臓がんを克服した男性の体験談

体験談イメージ画像09

2年くらい前から、背中から腰にかけての痛みが起こるようになりました。痛みのせいで食事も喉を通らなくなり、体重も8キロ減りました。私には兄弟が8人いましたがそのうち、3人が癌で亡くなっています。そうした背景から、私もおそらく癌だろうと思っていました。

私はもともと血圧が高く、血圧を管理するために通っているかかりつけの病院があったのですが、その病院で癌が見つかりました。その後、別の病院で検査を受けたところ、すい臓癌のステージⅣと診断されました。

すい臓癌は治療が困難だということは知っていたので、この時点で、ある程度、覚悟は決めました。

癌が進行していたのですぐに手術を受けることになりました。しかし、癌はすでにリンパ節まで広がっていたので、切除することはできず、開腹はしたものの、そのまま閉じられることになりました。手術時間が早かったので、妻も病状が深刻なことを悟ったのでしょう。相当なショックを受けていたようです。

抗がん剤の投与も勧められましたが、死ぬまで食事はおいしく食べたかったですし、副作用で起こる吐き気が嫌だったので、はじめは拒否していました。

しかし、このままでは半年から1年と先生に予後を宣告され、妻のためにも、少しでも長生きしなければならないと思い、吐き気の出ない抗がん剤を投与してもらうことにしました。

アガリクスを飲み始めて4カ月で癌が消えた

それと同時にアガリクスを飲み始めました。アガリクスを飲み始めて4カ月目、なんと癌が消えていました。腫瘍マーカーも正常値を示しているそうです。

私も先生も信じられない気持ちでしたが、もしかしたら、映像にうつらない癌があるかもしれないと、抗がん剤の治療は続けることになりました。

しかし、最近、抗がん剤が体に蓄積されてきたのか、吐き気やめまいがでてくるようになりました。そのため、抗がん剤をやめて、アガリクスだけにしようかと考えているところです。

 
pagetop
アガリクスの効果・効能~癌と代替医療~