60代女性Dさん(胃がん)

アガリクスで胃がんの代替医療を行った60代の女性が、胃がんを克服した体験談を紹介します。

アガリクスで胃がんを克服した女性の体験記

もともと胃が弱かった私は、かつて、胃潰瘍になったことがありました。今回、胃が痛んだ時も、また胃潰瘍になった、くらいにしか思っていませんでした。その痛みも、空腹のときだけで、何かを食べるとおさまっていたので、それほど気にもしていなかったのです。

ちょうど仕事も忙しかったので、ちょっと体調を崩しただけだと思い、深刻にとらえていませんでした。

けれども、仕事がひと段落しても胃の痛みは治まりませんでした。病院で検査すると、胃潰瘍と診断されましたが、念のため、別の病院で再検査すると胃にガンが見つかりました。すぐに入院して手術を受けることになりました。

アガリクスのおかげで術後の経過も良好

そんな私を心配して娘がもってきてくれたのが、自然露地栽培のアガリクスでした。私が病気になったことを知って、すぐにアガリクスを思いついたそうです。さっそく、手術までの1週間、飲んでみることにしました。

その後、手術で胃の1/3を切除しましたが、術後の経過は良好で、集中治療室には2日しかいませんでした。退院も、予定より10日も早くできました。その回復の早さに、先生たちも驚いていました。

体験談イメージ画像04

アガリクスのおかげか、手術の傷の治りも早く、術後半年ほどで傷口もきれいにくっつき、体を伸ばしてもかがんでも大丈夫。おかげで、すぐに仕事にも戻れました。これには、私よりも周りのほうが驚くほど。手術をしたことを忘れてしまうくらい、心身ともにすっきりしています。アガリクスのおかげで、自然治癒力が高まったことを実感しました。

いまは抗がん剤も飲んでいるのですが、副作用を全く感じないんです。食欲もあって何でも食べられますし、倦怠感などもありません。これもアガリクスのおかげでしょうか。

すっかり元気になった気がしていますが、無理は禁物です。かわいい孫の成長も見守っていきたいので、適度にストレスを発散しながら、アガリクスも続けていきたいと思います。

 
pagetop
アガリクスの効果・効能~癌と代替医療~