20代男性Cさん(白血病)

代替医療としてアガリクスを取り入れた20代男性が、白血病を克服した体験談を紹介しています。

アガリクスで白血病を克服した男性の体験談

それまで、病気とは無縁だった息子が体調不良を訴え、病院で検査をしたところ睾丸腫瘍と骨髄性白血病という診断を受けました。大きなショックを受けましたが、息子の場合、80%命は助かるというM2というタイプだったのが救いでした。

すぐに入院し、抗がん剤治療が始まりました。およそ半年の間に4回行いました。その間、睾丸の摘出手術も受けました。入院から7カ月後、無事に退院し、息子は会社にも復帰することができました。

ところが、ある日、会社から帰宅した息子が倒れ込んでしまいました。病院へ行ったところガンがリンパに転移していることがわかったのです。

再び、抗がん剤治療が始まりました。先生からは、今回の治療でも癌が残ってしまった場合は手術になるといわれました。10時間以上に及ぶ大手術とのことです。なんとか息子を助ける方法はないかと思っていたところ、たまたまテレビで自然露地栽培アガリクスの特集を見ました。

「これだ!」と思い、息子にも相談したところ、息子もやってみるというので、さっそく購入しました。

抗がん剤とアガリクスを併用

体験談イメージ画像03

抗がん剤の治療を受けながら、朝ご飯と夕ご飯の前に、水で溶かしたアガリクスの粉末を飲み始めました。時折、食べ物や飲み物が喉を通りにくくなることがありましたが、そんなときは煮出してみると飲みやすくなるらしく、なんとか飲み続けることができました。

最後の抗がん剤治療が終わり、検査の結果が出ると「かなり良くなってきているので、手術の必要はない」とのこと。さらにその後、なんと、ガンが完全に消えていることがわかりました。手術を受けずにすんだどころか、ガンが消えてしまうなんて!信じられませんでした。

いまになって思うと、抗がん剤とアガリクスがうまく作用したのだと思います。

アガリクスを飲み始めてわずか2カ月のことで、本当に驚きましたが、アガリクスのおかげだと思っています。

 
pagetop
アガリクスの効果・効能~癌と代替医療~