70代男性Bさん(前立腺がん)

アガリクスで代替医療を行って、前立腺がんを克服した男性の体験談です。

前立腺がんを克服した男性の体験談

定年退職した夫は農業を始め、毎日元気に過ごしていました。けれども、1年くらい前から、お手洗いが近くなって、尿の出も悪くなったということで、病院で薬をもらって飲んでいましたが、一向によくなりません。1時間もたたないうちにお手洗いに行き、畑仕事の時などは間に合わず、陰で用を足すほどでした。

ところが、ある時、尿がまったく出なくなってしまいました。慌てて病院へ行くと先生から言われたのは「もう手遅れです」のひと言。私はただただ驚くばかり。なんでも、先生が前立腺がんの手術を勧めたにも関わらず、夫は聞き入れなかったのだそう。

夫を問いただすと、確かに手術は勧められたけれど、自分は受けたくない、と断固拒否。とにかく薬を飲んで、一時的に回復したものの、また尿が出なくなってしまい、お腹もパンパンに膨らんでいました。そこで、別の泌尿器専門の病院に入院することになりました。

その時の診断では、軽い脳梗塞も起こしているそうで、年齢的にも手術や抗がん剤治療は無理だといわれました。飲み薬だけの治療になり、退院後は膀胱に管を通して尿を出すようになりました。歩くのもおぼつかず、表情も暗くなり、しゃべるのも億劫なのか、口数も減りました。

子どもたちが見つけてきてくれたのは自然露地栽培のアガリクス

体験談イメージ画像02

そんな夫を見ていた子どもたちがいろいろと調べてくれ、「アガリクス」がいいということで、さっそく、取り寄せてくれました。子どもたちが見つけてきたのは自然露地栽培のアガリクスでした。飲み始めて1カ月が過ぎましたが、夫の体調が目に見えてよくなってきました。

アガリクスを飲み始めてすぐに、尿に血の塊のようなものが混じったことがありました。が、それ以来、澄んだ色の尿が出るようになってきました。口数も増えて、歩くのも辛くなくなってきたようです。

さらに驚いたことに、真っ白だった主人の髪に、黒い毛が生えてきたのです。病院の検査でも経過は順調で、脳梗塞も進行していないようです。

これからもアガリクスを続けていけば、また畑仕事ができるようになるんじゃないかと期待しています。

 
pagetop
アガリクスの効果・効能~癌と代替医療~